品質方針

(1)基本方針

私達は、品質で顧客の信頼と満足を得ることが、21世紀社会に存続し、貢献できる会社となるための最重要課題であると認識し、全社をあげて品質第一に徹した製品・技術・サービスを創造し提供します。

(2)行動指針
  1. グローバル・スタンダード
  2. 顧客の品質に関する情報を収集・解析し、品質計画に反映し、展開して行くために活動をグローバルな規模で進め、最高の品質を目指します。関係会社、協力会社にもチェーンとして機能する品質保証体制を構築し、より高度の品質管理活動を全社を挙げて、一貫した手法により実施します。

  3. 品質作り込みと基本の徹底
  4. 製品の企画・開発から販売・サービスに至る全てのプロセスに於いて、常に物作りの基本に立ち返り「品質作り込み」を実施します。このためあらゆるプロセスでの標準化を進め、必要な管理手法を修得し、実践することで仕事の質を高め、品質の安定と向上を図ります。

  5. 品質目標の達成
  6. 品質活動を効果的に進めるために、具体的な到達点と問題解決方策を明示した品質目標を定めます。品質目標を共有し、それぞれの職務に於ける品質責任を明確化し、一致協力して品質管理活動に取り組みます。

  7. DCAスパイラルアップ
  8. 品質目標と計画が正しく実施されているかを自ら内部監査によってチェックし、改善すべきは是正(処置)を行い、結果の確認をし、次の改善に繋げます。 常にPDCAを回し、より高度な水準へと展開します。

  9. JIS、ISO、TS規格適合
  10. JIS、ISO9001、TS-16949などの関係規格・基準は守るべき最低限のレベルと認識し、品質管理の維持向上に努めます。品質マネジメント・システムが有効に機能するようにレビューを繰り返し、継続的改善を行います。

  11. 顧客満足の増大
  12. お客様や市場の声には耳を傾け、迅速で前向きの対応を取ります。大切なお客様に信頼いただき、当社の製品・技術・サービスに満足頂いたかを調査・解析し、更に向上させるための方策を次の品質目標に反映・展開します。 

環境方針

(1)基本方針

私たちは、地球環境の保全が人類共通の重要課題であることを認識し、全社一丸となって、環境に配慮した企業活動に取り組むものとする。

(2)行動指針
  1. 法律の遵守
  2. 環境関連の法律とその精神を遵守し、オープンでフェアな取り組みにより、当社の生産活動が環境に与える影響を把握し、環境負荷の継続的改善を図る。

  3. >地球環境の保全
  4. 製品の開発・設計・生産・廃棄物発生にいたるすべての段階において、環境に及ぼす影響を予測し評価して、地球規模の環境保全を実施する。同時に、省資源、省エネルギーおよび廃棄物の削減を推進する。

  5. 省エネや廃棄物の削減の推進
  6. 当社における設備の開発・設計・稼働にあたっては、環境との調和を常に把握し、汚染の予防、エネルギーや資源の有効活用および廃棄物の削減に配慮した処置を行う。

  7. 環境にやさしい製品の開発
  8. 省資源、省エネルギー、排気ガス低減および廃棄物削減に配慮した製品の開発に努め、地球環境の改善に貢献する。

  9. 継続的な環境保全の改善
  10. 「環境目的・目標」を設定し、その実現を図り、年に一度見直すことにより、環境保全の継続的な改善を図る。「環境方針」も同時に見直す。

  11. 地域社会への貢献
  12. 良き企業市民として、地域社会への貢献という視点から、環境保護への支援・協力活動に積極的に取り組む。

  13. 環境方針の公表
  14. この環境方針は、組織のために働くすべての人に周知させるとともに、社外に対して公表する。